koyoi / The Healing Craft Cocktail

koyoi

マイページ

Peachfull moment

3種フルーツの甘酸っぱいクラフトカクテル

甘さ:★★★★☆

ガーリーなイメージのあるシーブリーズをアレンジして、甘酸っぱさを表現。
桃の香りや甘味、ざらりとした食感の後に、グレープフルーツの酸味やクランベリーの渋味が残る。
大人の恋心のように、口の中で甘酸っぱさが行ったり来たり。フルーティーで飲みやすいクラフトカクテル。

原料由来の成分が沈殿します。よく振ってお飲みください。

Flavors
  • ピーチ
  • クランベリー
  • グレープ
    フルーツ
Ingredients

糖類(ぶどう糖果糖液糖、砂糖)、ピーチピューレ(国産)、醸造アルコール、クランベリー果汁、桃ペースト、グレープフルーツ果汁、ジン/香料

360ml/アルコール度数3%

0

一度に購入できる商品は9本までです。
追加したい場合は商品一覧に戻り、選択している商品数を減らしてください。

Story

友だちの引っ越し先は、綺麗な部屋だった。
広いベランダからは夜景が見える。

美しい光を見ながら、桃の香りのするkoyoiを口にする。
さっき部屋の中で飲んでいたときよりも、さらにおいしく感じられる。

「何してんの」

声と同時に、肩に手が置かれる。
振り向くと、そこには男友だちが立っていた。

「気持ちいいなあと思って」わたしがそう言うと
「俺も真似しよ」と男友だちが言い、隣に並ぶ。

窓ガラス越しに、室内の声が少しだけ伝わる。
何を話しているかまではわからないけれど、楽しそうだ。

引っ越しパーティーということだったけど、それは名目で、
集まって飲めるのを、みんな心待ちにしているのだ。

「なんか、ここで飲むと、さっきよりおいしいかも」
男友だちが言い、
わたしは、だよね、と勢いよく同意して、横を向いた。

男友だちは微笑んでいて、
あれ、こんな顔で笑うんだっけ、とわたしは思う。
ベランダの柵に置かれた、わずかに骨ばった手が魅力的に見える。


わたし、もしかして。